ソフト食で介護ラクラク【格別万能フード】

介護

介護業界の新しい食品

ご老人の方が楽しく有意義に、快適に過ごせる有料老人ホームの相談はコチラです。要介護の方でも安心して暮らせるので、おすすめですよ。

見た目も食べやすさも抜群

日本では今後も益々高齢化社会が進むと言われており、今以上に介護の重要性が高まっていくと言われています。介護をする場合、介護される人に合わせた食事を作る必要があります。現在の介護食にはいくつかのタイプにわけられ、きざみ食やミキサー食、ソフト食の3種類と言われています。どの種類においても食べやすくなっていますが、きざみ食やミキサー食の場合、見た目が美味しそうに見えないのが難点として言われています。どうしても素材そのものの雰囲気を崩してしまうので、離乳食のような印象になってしまいます。しかし、ソフト食であれば見た目の印象はそのままなのにも関わらず、かなり柔らかくなっている為、見た目から食事を楽しむことができるといえます。最近ではこうしたソフト食も通販を利用して注文することができるので、介護食で悩んでいる人は一度取り入れてみても良いでしょう。

特徴を知ろう

ソフト食の場合、舌で簡単に潰せるのが特徴となっているので、アゴの力が弱い人でもすぐに飲み込むことが可能です。肉や魚でも、食品そのものの原型はあるにもかかわらずかなり柔らかくなっています。これまではミキサー食やきざみ食が主流でしたが、最近では介護される高齢者のことを考えて、こうしたソフト食を摂り入れる高齢者施設もかなり増えてきています。ソフト食は自宅や施設で調理する場合、時間と手間がかかってしまいますが、通販で購入することによって気軽に取り入れることが可能となっています。飲み込みやすく見た目の印象も損なわないというソフト食は、介護シーンのみならず病気治療中の食事や歯の治療中で固いものを食べられない人にも向いています。

食事で摂りたい栄養

ソフト食を選ぶときには、栄養バランスを考えておくことが大切です。特に高齢者の場合はカルシウムやタンパク質は必須の栄養素となっています。他にも食物繊維や脂質、糖質、鉄分などは摂取しておくのが良いでしょう。

Read More

選べる食事のジャンル

ソフト食を通販で購入する場合、和食だけでなく洋食や中華から選ぶことができます。洋食や中華もカロリーを抑えて作られているので、気軽に食卓へ取り入れることが可能です。

Read More

オススメリンク

  • かんたん介護ソフトならこちらのサイトで紹介しています。豊富なオプション機能の中から介護サービスに応じて利用することができますよ。

市販のタイプを利用する

ソフト食を市販で購入する場合は、冷凍のタイプが多いので蒸し器や電子レンジを利用するのが一般的となっています。全ての食事を介護食にするのではなく、ソフト食で調理するのが難しい食品を選ぶのもコストを抑える方法です。

Read More