ソフト食で介護ラクラク【格別万能フード】

介護

食事で摂りたい栄養

必要不可欠な栄養素

ソフト食を購入するときには、柔らかさだけでなく栄養バランスを考えながら購入することが大切です。特に介護が必要となる高齢者は、身体の機能が衰えているので、できるだけ普段の生活で不足しがちな栄養素を摂るようにするのが良いでしょう。最も代表的なのがカルシウムで、骨密度が低下している高齢者には必要不可欠な栄養素となっています。1日600から800ミリグラムの摂取が良いと言われています。加えてタンパク質や食物繊維は重要で、タンパク質の場合は肉や魚、豆や卵から摂取することができます。太り気味な高齢者の場合は、魚や豆を利用したソフト食を摂取すると良いでしょう。基本的に1日65グラム程度が理想と言われています。食物繊維は、生活習慣病全般を予防する効果もあるので、1日20から25グラム程度の摂取を目指すと良いでしょう。

鉄分や脂質も摂取する

最近では、ソフト食を通販で購入するときに、サイトで栄養素を確認することが可能となっているので1日の栄養バランスを考えながら食品を選ぶことが可能となっています。中にはカロリーやタンパク質量なども表示しているサイトもあるので、こうした通販サイトであれば栄養バランスも計算しやすいでしょう。ソフト食では、糖質や脂質、鉄分も摂取することが大切です。糖質や脂質の場合、肉や魚などの食品に多く含まれていますが、日頃動くことが少なく、消費するカロリーが少ない高齢者の場合はできるだけ少なめにしておくのが良いでしょう。鉄分の場合は不足してしまうと、貧血や疲労にもつながりかねないので、適度に摂取することが大切です。朝、昼、夜それぞれの食事でこうした食事バランスを考えてソフト食を取り入れることが大切です。