ソフト食で介護ラクラク【格別万能フード】

介護

市販のタイプを利用する

電子レンジや蒸し器を使う

市販されているソフト食を食べるときには、電子レンジや蒸し器を利用しながら温めるのが一般的となっています。特に冷凍販売されているソフト食の場合は温めが必要不可欠となっています。電子レンジの場合はかなり数分温めるだけで完成するので非常に手軽として広く利用されています。ソフト食によっては、耐熱容器に移さずにトレーのまま温められるものもあるので、こうしたタイプであればかなり手軽に食べることができます。蒸し器の場合は、20分から30分の加熱が必要となります。基本的にソフト食は自分で作るとなると手間と時間が必要となるので、蒸し器の30分でもかなり短い時間といえるでしょう。普段ソフト食を自分で作っているという人も、少し手を抜きたいという時に冷凍のソフト食を利用してみても良いでしょう。

他の食品と組み合わせる

介護シーンでソフト食を利用する場合、ご飯からおかず、スープなど、全ての食事をソフト食にしなければならないということではありません。誤飲をする可能性がある人や、アゴの力が弱いという高齢者であればできるだけ多くの食事をソフト食にする必要はありますが、そうでない場合は通常の食事とうまく組み合わせながらソフト食を取り入れるのが良いでしょう。特に白米の場合はソフト食を注文しなくとも自宅で簡単に柔らかく作ることは可能となっています。注文する場合は自分で作るよりもコストがかかってしまうので、固い肉や筋の多い野菜など、ソフト食にするのが難しい料理を選ぶのも1つのポイントです。